Q&A

魂とは?
旧世界では、人は、身体と魂の二つで一人として存在していた。

地球の部分コピーである心の様相を持つ一時的エネルギー体。
魂には過去世・霊魂など様々なエネルギー体が内包されている。

意識血の意識が担っているので、人の魂は意識を持たないし、思考しないが、そのエネルギー状態から仮想意識としてチャネリングすることは可能。
血の意識によって、どんな魂にするか選ばれる。

魂の大元はストーム
ストームは5つあり、その中から人の魂が生まれる可能性があるのは2つ。
ストームの正体はそれぞれの5つに分かれた区画世界の魂であり、人が生まれる可能性があるのは、第四区画地球と第五区画地球の魂である。

魂を管理しているのは第五区画地球である。

人以外の魂は自我の意識を持つエネルギー体であり、様々方向性のエネルギーを持っている。
またそれは、魂というよりも魂魄である。

意識を持つエネルギー体であるが、一つしかエネルギーの方向性がないものはモーンである。
第四区画地球はモーンであり、第五区画地球は魂魄である。