Q&A

心とは?
心は一時的エネルギー体。長大なエネルギー計画の一部。
生まれたときに、なんのためにこの世に在るかを環境が決める。
両親によってそうあれかしと願われるので、それを受け入れる。
そこから長大なエネルギー計画が幕を開け、自ら道を決める。

感情は心の最終形である「感覚」。
感情エネルギーは心の反応。
生まれてくる感傷や反応を取りまとめるのが心。

心を入れ替えるとは生まれてきた目的を切り替えること。
覚悟の契約は生まれてきた目的に追記する。

心は常に物事の本当の意味を知る。
それを全て分かった上で感じることをする。
(感じることとは、思う、傷付く、(心を)閉じる、開ける、設定する、(心の動きを)見張る)
心が生まれる瞬間はいつも一つ、それは「産まれる」ときだけ。
それは地球の意思で行われる。
地球と同じもので出来ているため、関わっても成長や、エネルギ―変化は基本起きない。
しかし、パラダイムから取り込んだものがある場合、その作用により変化が起きることがある。
心が成長するのは「何かを取り込んだ時」。