スピちょぴっと講座

$logo_alt
2017年06月30日

(仮アップ)天職とは

【メッセージ】 天職というのは存在しない。 あなたに神が与えるものは何もない。 あなたはそれを自分で見つける必要がある。 なぜなら、何が正しいか何が間違っているかを判断できる存在はどこにもいないからだ。 あなたが天職と思えるような仕事を得たいなら、その仕事を心から望み、実行しなければならない。 それがどんなものになるかは、あなたの自由なのだ。   あなたがしたいことを望みなさい。 そしてそれを実行しなさい。 それがあなたの天職だ。   【解説】 ちょっと分かりづらいメッセージだと思います。 まず、「あなたに神が与えるものは何もない」という表現をしていますが、これは倉伊杏都(仮)さんだけに限ったことではありません。 神について以前チャネリングした内容を添付します。   *** ‎2016/‎12/‎21 人はあらゆる手段を講じて自らを祀り上げた。 彼らはこの世界において神として君臨し、あらゆる存在を自らの配下に置いた。 それが現在の姿だ。 あなた方が神と呼んでいるもののほとんどは、あなたがた自身の姿であり、前身だ。 人は自分自身を崇め奉ることで、ことさらに安心を得ようとした。 だから彼らは、神を自分を導くべき存在と定めた。   しかしそんなことは愚の骨頂である。 自分は自分でしかない。 崇めるものでもない。 祀り上げてもあなたはあなただ。   神は導くものではない。創造するものだ。   あなたはあなた自身を創造する。 だから神だ。 神にそれ以上を望んではいけない。 正しいことを見誤る。   あなたは創造するもの。それだけがただ一つの真実だ。   神になりなさい。 あなたがあなた自身である限り、あなたは神である。 ***   つまり、神と人が呼んでいるものは、神としての人が期待するような機能を持っているわけではない、ということです。 だから「あなたに神が与えるものは何もない」んです。 あなたが自身が神であり、自分の人生を創造する者であり、それは絶対に他者ではない。 だから、「あなたはそれ(自分にとっての天職と思える職)を自分で見つける必要がある」わけです。   そもそもあなた以外の他者が、何かあなたにとってそれが天職であると判断することは不可能です。 なぜなら、この世に正しいこと間違っていることを判断できる存在はありえないからです。 判断できるのは、あなたにとってどうであるかだけであって、それを「決めることができる」のは、あなただけです。 決定権は、自分の創造主である自分にあります。   「あなたが天職と思えるような仕事を得たいなら、その仕事を心から望み、実行しなければならない。」…

$logo_alt
2017年04月28日

【ノージャッジ、判断不要、全てOK】を腑に落ちさせる考え方

由似の世界のエンジェルチューター由似です。 エンジェルチューターは天使的な導きの方向性を踏襲しながら、自分が生きたい現実を生きる手助けをしています。   「人にも神様にも世界にも、ものごとの善悪を判断することは不可能。 つまりこの世に善悪は存在せず、全て世界はOKである。」   ノージャッジ、判断不要、全てOK。 これを私の中で腑に落ちさせることに成功した、私なりの理解の仕方を書き出してみました。 この考え方は知ってるけど納得できない!と思われた方、一度読んでみてください。 ※「世界は自分が創造している(もしくは選択している)」という考え方が根底にあります。   考え方の大枠は2つです。 1)世界を否定できない(したくない)から、全部OK 2)悪だと判断できないから、全部OK     1)世界を否定できない(したくない)から、全部OK Aの一部を否定することは、否定したい一部を存在させたAの在り方を否定することである。Aの在り方を否定することは、Aの存在を否定することである。Aの存在を否定することは、同時に自分の存在と世界を否定することである。 自分も世界も、その存在そのものを否定することはできない(したくない)。つまりAの存在も否定することはできない。だから世界は全てOKである。   <Aを否定することが、自分と世界を否定するという考え方の理由>   理由1:Aを否定することは、Aを存在させている世界を否定することであり、その世界を存在させているのは自分であるために、世界を否定することは自分を否定することである。   理由2:Aを否定することは、Aと関わりを持って否定したくなる経験をするという選択をした自分を否定することである。自分を否定することは、自分を存在させた世界を否定することである。   理由3:Aの在り方は、AおよびAに関わるエネルギーが作り出したカタチであり、それは必然である。自分がAと全く同じカタチの中に入れば、Aと同じ思考や心を持った状態になる。すなわちAを否定することは自分を否定することである。     2)悪だと判断できないから、全部OK Aが起こした行動の結果が善か悪かは判断できない。 善も悪もないならそれは全てOKと同じ。   <善か悪か判断できない例>   例1:過去の政治家が大虐殺を行ったことにより、選民意識や大虐殺についての認識が広がり、同様の行為はかなり忌避されるようになったはずである。したがって大虐殺の結果が悪だと断定することはできない。そのためその行為を働いた人物を悪だと判断することもできない。   例2:ポケモンGOによる歩きスマホの危険性が取りざたされたが、ポケモンGOのおかげで歩きスマホに対する危険性の認識が広まり、必要な規制が作られる土台となったかもしれない。そのため、歩きスマホによる事故が増えた結果を悪だと断定することはできない。   例3:働きアリは、その何パーセントかが常にサボることが分かっている。その集団からサボるアリを抜くと、残ったものの中で同じ程度のサボるアリが出現する。生命の危機管理の一種として、サボるアリを用意する必要がある。このように、Aはある種の危機に陥った時に活躍するするために用意された、特定のメンタルを持つ人材として存在するかもしれない(たとえば傍若無人に振る舞うことを苦にしないことで、生き残る、敵に向かっていけるなど)。人の偏向が全て、あらゆる危機への対策として用意されているのならば、全ての人に対して善悪を判断することはできない。   例4:この世に生きている人間をエネルギー的な視点でとらえた場合、様々な偏向をもつ大量の光のようなもの。Aが人間的価値判断で善人でも悪人でも、エネルギー的視点から見ればその違いはただの偏向であり、ただの偏向に善悪を判断することはできない。赤と青とどちらが善であるか判断できないのと同じ。   いかがでしょうか? 腑に落ちる材料には足りたら良いなと願っております。   先頭にもどる     由似の世界 : http://unimundo.jp/ ココナラ : http://coconala.com/users/211808 Facebook : https://www.facebook.com/unimundo1477 LINE ID : unimundo Skype : 由似の世界で検索で葉っぱのマークです

Q&A
2017年04月28日

Q&A 頭を空っぽにするってどうやるの? | 瞑想とその効果

由似の世界のエンジェルチューター由似です。 エンジェルチューターは天使的な導きの方向性を踏襲しながら、自分が生きたい現実を生きる手助けをしています。   【ご質問】 頭の中を空っぽにする、という感覚が私にはよくわからないのです。 ヨガで呼吸に集中することがそれに近いと聞き、やってはいるのですが。 果たしてちゃんと(?)頭を空っぽに出来ているのかもわからず・・・。 由似さんはそういった状態にするときにやられていることはありますか?     ヨガなどで、いわゆる瞑想状態に入るために頭を空っぽにすると表現するのは、思考に意識を使わないという意味かと思われます。 意識を「ただそこに在る」ことだけに使う状態です。 「ただそこに在る」ことに意識を使うというのは、「感じる」ことに意識を使うことです。   これを大昔から瞑想として伝えてきているのが、ヴィパッサナー瞑想です。 本も出ていますが、本来は秘儀として、勝手に伝えてはいけないものです。   ヴィパッサナー瞑想をAmazonで検索   私が「誰でも簡単にできる浄化方法」としてお伝えしているのは、このヴィパッサナー瞑想からアレンジをかけて、独自の理論を入れ込んだものになります。(結果、かなり考え方が違うものになってます)   ヴィパッサナー瞑想は、とにかく感じることや思考を実況するそうです。 (言葉で行動を説明すると、魂と意識が同じ認識を共有します。)   音を感じています。音、音。   その音の意味を全て捨て、ただ音の刺激として受け取ります。 人間の頭は、無意識に様々なフィルターをかけて、情報を取捨選択しています。 ノイズは捨て去り、自分に必要そうな音のみを拾って、情報として受け取っている状態です。 このフィルターを外し、全ての音を受け取ると、世界はまるで音の洪水のようです。   右手がハンドルを握っています。 手のひらに感触。肘を曲げている。肩に掛かる腕の重みを感じています。 お尻の下にはシートの感触。 右の肩甲骨を感じています、左の肩甲骨、右わき腹、左わき腹、もも、ひざ、足・・・   身体にある感覚を一つ一つ見つけていきます。 普段は全く意識していない、筋肉の重みや、勝手に力を入れている部分などを感じられます。   このように、自分の動作や感覚をつぶさに感じ取り、それに意識が使うことで「ただそこに在る」状態を作ります。 感覚や動作を感じて実況することに意識の配分を全部使えば、ご質問されたような「頭が空っぽの状態」になっているはずです。   また、呼吸に意識を集中することは、「ここに在る」に加えて「ここに生きている」を強く感じることに繋がり、自分自身がそこに在る状態を強くさせ、余計なエネルギーが近寄れなくなる(存在する力が強くなる)ので、大変素晴らしい行為です。 (ここに動画もしくはgif画像入れたいです。どなたかパパっと作ってくださると嬉しいです(TT))   ふとした瞬間に、疲れているときに、気持ちが落ち込んだ時に、日常的に取り入れていくことをオススメします。(深呼吸で十分です)   (おまけ) ちなみに同じ瞑想状態という言葉ですが、トランス的な瞑想状態は、また別です。 私がトランス状態だと思われる意識状態のときは、夢を見ているときに似ています。 バリバリに思考が働いていますが、意識は、表層意識と無意識のちょうどはざまにいるような感覚です。   この状態で、意識が戻ると、まるで夢から覚めたときのように、トランス状態での記憶が零れ落ちていきます。 (そのためクライアントさんには、チャネリングをするときは必ずメモを用意するように、とお伝えしています。) チャネリングするときは、たしかにトランス状態のほうが、情報を沢山受け取りやすい気がしますが、トランスじゃなくても十分可能です。…

$logo_alt
2017年04月24日

帯を締めなおしなさい | チャネリングメッセージ

由似の世界のエンジェルチューター由似です。 エンジェルチューターは天使的な導きの方向性を踏襲しながら、自分が生きたい現実を生きる手助けをしています。   ポイントは 望ましくない感情や行動に陥ったときは、全部「認め直す」ことでリセット   ポジティブ思考が一時期もてはやされていましたが、正直ずっとポジティブ思考で居続けられる人なんているんでしょうか?? 少なくとも私は無理です。   私は、全てがOKであると知っています。 私が私として存在していることが、それだけで素晴らしいことだと知っています。 自分を否定したり、他者を否定したりすることが、悪い現実を引き寄せやすいことも知っています。   ですが、やっぱり、 太っている自分を見ると、痩せたいなぁ~と思います。 子どもに怒鳴っちゃうと、こういうやり方良くないなぁ~と思います。 家事をしないで、旦那が洗い物してると、申し訳ないなぁ~と思います。 失礼なクライアントさんがいらっしゃると、相手を否定しまくって、やる気をなくします。   そういうときこそ   【チャネリングメッセージ】 帯を締めなおしなさい。     なのだそうです。   それでは「帯を締めなおす」とは、どんなことを示しているのでしょうか?     痩せたいなって思っちゃう自分OK。 本当は痩せてなくてもそのままでいいんだって知ってる。 痩せたいって思っちゃう自分も、太ってても痩せてても、全部OK!   このように、一度出てきたネガティブな感情に「全部OK!」の方向性をつけて、新しく思いなおすことです。   他者にムカムカしてしまうときも、   相手嫌っちゃう自分OK 相手もいろんなエネルギーの状態があって、あの行動になってしまう。それもOK。 そもそもその現実だって、私が知らないだけで、世界にとっては必要なことだったかもしれないって知ってる 本当は、相手のことも、その現実も、否定しなくていいって知ってる 相手の行動も、私が相手を嫌だと思うことも、相手がその行動をしたことも、全部OK   と、このように、感情の置き場所を「全部OK」に指定してあげます。 そうすることで、相手への攻撃的エネルギーで、結果として世界を攻撃するエネルギーになっていたものが、世界を全部OKとして慈しむ感情エネルギーとして作用するようになります。     是非、自分が好ましくない思考や感情に陥っちゃったなと感じたときは、   「帯の締めなおし」   してみてください。    …