003【乳児を子育て中に辛い思いをされているお母さまへ】チャネリングセッション実例

由似の世界のエンジェルチューター由似です。エンジェルチューターは天使的な導きの方向性を踏襲しています。

 

以下は、ココナラ 無料★感謝還元企画★◎リピート可で提供します時に毒舌かもしれないチャネリングメッセージ+解説
でいただいたご相談とチャネリングによる回答メッセージおよび解説です。

 

ポイントは

  • 不安、恐怖など、本能の暴走を抑える必要性
  • 自分の性質が現実を引き寄せていること
  • 自分(心や感情を含めた自分という存在)を輝かせるかどうかが行動の指針

 

【ご相談内容】
40過ぎてめでたく妊娠でき、出産したらきっと素晴らしい毎日が待っているとおもったら、期待とは裏腹に、産後の疲れもとれないまま慌ただしい育児生活で心が疲弊しております。
外に出れない、連絡を取りたい相手とつながれない、世間から置いてきぼりになったような孤独な気持ちをなかなか取り除くことが自分ではできません。
心も貧しくなりがちで、今の子育てよりも先々のこと(職場に復帰できるかどうか、教育費のこと)に
が気になってしまうありさまです。。

 

もっと今の状況をポジティブにする考え方の変換が一度必要だと思うのですが、
暗いネガティブな感情のまま最近はおります。

 

他人に厳しくなりすぎたり、不安になりすぎたり、気持ちを均衡をとるためのメッセージをもらえたら幸いです。

宜しくお願いします。

 

【メッセージ】
明かされる未来ほどつまらないものはない。
未来はつかみ取ってこそのものだ。

 

愛されるべき人は愛されるべき時にきちんと愛される。
あなたはきちんと愛されているし、愛されることに気付いてもいる。

 

愛し合うことはこの世を豊かにする。
あなたとあなたの生活を潤わせる。

 

あなたが生きる道を、あなたが(人や世界、あるいは自分を)愛することで照らしなさい。
心のままに黄昏ていては、道を照らすことはできない。
発電しなさい。
自分自身を奮起させなさい。
愛情を分け与えられるように、意識を活性化させなさい。
さらなる光を得られるだろう。

 

先のことは、心配するだけ無駄だ。
もう、おいそれとしたことであなたの幸せは揺らがない。
妄想も心配もほどほどに、与えられた生活の中で、今何が必要か、必死で考えて行動しなさい。

 

それがあなたの未来を光らせる。

 

光りなさい、輝きなさい。
あなた自身を曇らさないで。
あなたが輝ける未来を生きなさい。

 

【解説】
このメッセージをチャネリングしている間、あなたが自分自身に厳しい言葉を与えようとしているようなエネルギーが引っ張ろうとしていました。おそらく、性質的に自分に厳しいことを求めるタイプなのだと思われます。

 

自分の成長や幸せのために自分に厳しいことを求める方は、わざわざ自分に厳しい現実を引き寄せたり、そういう感情に囚われに行こうとします。
「明かされる未来ほどつまらないものはない。未来はつかみ取ってこそのものだ。」は、今の苦しい状況を肯定しつつ、でもそのために心配や不安などに囚われる必要はない、という意図があります。また、あなた自身、苦しみを乗り越えてこそ幸せがあると信じている無意識の設定があるように感じます。苦しみを乗り越えなければ幸せがないから、今苦しい現実を引き寄せているという図式です。

 

その性質が良いわけでも悪いわけでもありません。
楽になるには、性質そのものを手放すか、その性質を持ちながらもあまり苦しまない思考方法を採択するか、になると思います。

 

ここでは、その性質を持ちながらも、最大限に幸せ感を得られるためにはどうしたら良いかを示しています。

 

他人に厳しくなるのも、不安になるのも、すべて「こうなるかもしれない」という心配や、「こうでなければならない」という妄想から来ています。心配は、身を守るための本能に繋がっています。ですから放っておくと際限なく湧いてくるものです。暴走している場合、制御する必要があります。「心のままに黄昏ている」という状態は、心配を制御せずに暗くなった心を放置している状態のことを言っています。

 

本能を暴走させると気持ちが暗くなるのだったら、逆に自分を明るくさせることを意識的にしていかなければいけません。愛されていることを一つ一つ認識して実感していったり、子どもや旦那さんに愛情を意識的に与えることをしてみたり。上手くいかず自分の気持ちが沈んだら、それを浮き上がらせるために、自分なりのご褒美を用意したりする必要があります。

 

自分が愛情のつもりでしたことが、上手く伝わらないかもしれません。拒否されるかもしれません。だから「今何が必要か、必死で考えて行動しなさい。」になります。したことが拒否されたなら、ではその人にとって必要なことはなんだろう?どうして欲しいのか?考えてもわからないなら、質問することも大事です。「~しなきゃいけない」という妄想で、求められてもいないことを必死でして疲れている可能性もあります。家族にとって周囲にとって、本当に必要なことはなんでしょう?

 

「人に合わせなければいけない」「誰かにとって必要なことをしなきゃいけない」と考える必要もありません。したくないことを無理にして、自分は輝けません。したくないことを無理にすることで、その結果に自分が輝けるならばそれを選択することもあるかもしれません。ですが、したくないことをして、結果自分の輝きを損なわせるならば、する必要がありません。

 

行動、思考の指針は、「その結果、私は自分を輝かせることができるか?」です。

何か心配ごとややっかいな感情に囚われたとき、その結果あなた自身を輝かせるとは思えなければ、「私はその感情を手放す」と、心に強く誓ってみてください。

 

【おまけ】
感情を処理できないときは、以下のメニューで感情を浄化をすることをおススメします。

★思いっきり愚痴罵詈雑言叫んでください。
あなたが吐き出したネガティブエネルギーを浄化します

 

由似の世界 : http://unimundo.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/unimundo1477
LINE ID : unimundo
Skype : 由似の世界で検索で葉っぱのマークです