(3)とあるセッションを受けたのだが、お金を振り込んでいなかった

(1)とあるセッションを受けたのだが、お金を振り込んでいなかった
(2)とあるセッションを受けたのだが、お金を振り込んでいなかった
の続きです。


 

このセッションのお申込みは、お申込みをしたあとホームページに記載されているお振込先に振り込む、というやり方だった。
振込指定先は、もっていない銀行の口座とゆうちょ銀行だったので、ゆうちょ銀行から振り込もうと思った。

 

私はゆうちょ銀行で振り込もうとするとき、二つの選択肢がある。

 

由似の世界としての振替口座からの入金
本名の普通口座からの入金

 

今回はなぜか、本名の口座から入れようと思った。
Facebookアカウントで、基本、個人としてのお付き合いが長いからだ。

 

通常ならすぐその場でお振込をしようとするのだけれど、本名の口座はめったにネットを使わないせいか上手くログインできなかった。
ログインパスワードの再設定は、登録メールアドレスがプロバイダか携帯会社のメールアドレスを持っていないためネット上ではできなかった。
そのため私は書面での手続きをするために、書面をダウンロードし、郵便で送り・・・という作業をして満足してしまい、すっかりお振込のことは忘れてしまっていたようだ。

 
 

さて、ヒーリングセッション終了後、落ち着いてきて、やはり疑問がわいてきた。
私が受けようと思っていたセッションとは、明らかに違う内容のセッションだった気がしたからだ。

 

なぜ彼の人はあのような不思議な態度をとっていたのか?
申し込みメニュー内容を見ていなかったのか?
パソコンが壊れて情報が飛んでしまって内容を確認できなくなったのか?

 

そんなことをつらつら考えていると、ふと脳裏に他の人への振込が完了している画面が浮かんだ。

 

はて・・・私は彼の人へ振り込みを完了したという画面を目にしただろうか?
通帳に振込した結果の記帳をした記憶があるだろうか?
ほかの銀行から振り込みをした記憶や記録はあるだろうか?

 

答え・・・・ない。

 

もちろん通帳も見たがない。
振替口座にも記録はもちろんない。
他銀行の口座ももちろんない。

 

血の気が引いた。
全て合点がいった。
彼の人の態度は、そういうことだったのだ。

 

しかし、私はこの失敗をする「必然」が存在していたのだった。
つづく

 
 


由似の世界 : http://unimundo.jp/
ココナラ : http://coconala.com/users/211808
Facebook : https://www.facebook.com/unimundo1477
Twitter : https://twitter.com/unimundo1477
Skype : 由似の世界で検索で葉っぱのマークです
LINE ID : unimundo
LINE QR-code : Line-QR