『あなたに会えて良かった』-シンクロニシティによるメッセージ

3つの技術を使って現実をコントロールするやり方をお教えしています、由似の世界(ユニノセカイ)の由似です。

 

今日、唐突に頭に懐メロが響き始めました。

 

「時が過ぎて 今 心から言える
あなたに会えて よかったね きっと わたし」
(『あなたに会えてよかった』 作詞:小泉今日子)

 
しばらくこの歌がグルグル回り、なんだろう?と思いました。
旦那との関係のことかなぁと思って、あまり深く考えず放置しました。

 

ところでこの出来事の日の早朝、クライアント様から私が行ったチャネリングに対して返信が届いていました。いただいたコメントに対して、どうやら何か更にチャネリングして返信をする必要があるようです。
ぱっとやってもうまくつながらなかったので、もう一度きちんとセッティングしてからにしようと、保留しました。

 
そうして一日を過ごし、夜になってそのコメントに対するチャネリングをしてご返信を書いているとき、突如また『あなたに会えてよかった』が脳内に流れ始めました。
そこでやっと、あ!これは、私にというより、この方へのメッセージなのだと気付きました。(もちろん私へのメッセージも含まれていますが)

 
 

この歌は、結局逃げてしまったけど、その人に会えて良かった、と歌っています。
小泉今日子さん『あなたに会えてよかった』の歌詞

 
何かの組織、人間関係、仕事etc… 人には、これは合わないとか、辞めたい、別れたいと思う色々なことがあります。
ですが、その存在を受け入れなくてもいいから、それそれで良かったとその存在を愛しなさい。
その存在がそうで在ること許可しなさい。

 

逃げてもいい、受け入れられなくてもいい。でもそれはそれでいい。
それが起きていい。それが在っていい。

 
それが、今回この歌からに付随されたメッセージでした。

 
 
 
 

はじめから嫌な存在であっても同じです。
その存在を否定しないで、それが存在することを許可してください。
たとえそれが死そのものであったとしても。

 

西日本全体において、とんでもない豪雨によって多大な被害が起きています。
私はそれを実際には目にしていないし、そのような災害を経験したこともありません。
だから、これから書くようなことは、人によってはとても納得の行かない、体験してないから言えるんだ!というように思われるかもしれないことです。
この先を読むことで、心が傷つく可能性があることをご理解のうえ、読まれるかたは先に進んでください。

 

災害における被害や、人の死は、やはり私にとっても耐えられるものではありません。
恨むし、なんでこんなことが自分に(あるいは家族に、知人に)降りかかるんだ!と憤るでしょう。
その災害の存在があること自体許せないと感じるでしょう。

 
ですが、その存在があることを許可してください。
私には受け入れられない。そんな受け入れるなんて選択から逃げ出したい。
それでもいいんです。

 
それでも、地球に地震や、豪雨や、津波や、火山や・・天災が生じることは、地球が生きている証拠でもあります。
必要なことなんです。
私には耐えられないけど、あっていいんです。

 

どうか、災害を憎むばかりに、地球が生きていることを否定しないでください。
どうか、その誰かの行いが許せなくても、その誰かが生きていることを否定しないでください。

 
 

 

由似の世界 : http://unimundo.jp/
ココナラ : http://coconala.com/users/211808
Facebook : https://www.facebook.com/unimundo1477
LINE ID : unimundo
Skype : 由似の世界で検索で葉っぱのマークです